サンキャッチャー専門店・通販サイト【LamRim】サンキャッチャースワロフスキー/クリスタル/スタンド付き/オーダー

\ 2013 \ 1月

ショックのあまり、初日は呆然としてしまった私。

翌日、学校から帰るとすぐに下宿近辺を散策。
なんと♪ 商店街のそばに銭湯を発見したのです。

この日は風呂なし日だったので、夕食後お風呂屋さんに直行することに。

今と違って化粧道具なんて必要ないので身軽なもの。
紙袋に着替えとタオルを入れてレッツゴー。

銭湯初体験。   どうしたらいいのかわかんなーい (; ̄- ̄;)ドキドキ

けど。
お年寄りに混ざって湯船に浸かり、風呂あがりにはフルーツ牛乳を一気飲み。
あら~。 なんか、楽しいかもよ~( ・∇・)

あんな汚い下宿の風呂になんか入れるかっ!!
これからは毎日快適な銭湯通いしてやるわっ!!

意気揚々と帰宅したところ、
下宿屋の前でババアが仁王立ちで待ち構えていて
こっぴどく叱られることに。

 
『 夕食後の夜間外出禁止 』 なんて言いやがる( ̄△ ̄;)シルカ、ボケー

そんな訳で。
いかに上手に夜中抜け出すか?  というのがその後の課題になったのでした。

夜中にどこからともなく聞こえてくる木魚とお経は、ババアの仕業でした。

その部屋は、いつもほんの少しだけドアが開いているのです。
照明は全て消され、
蝋燭の明かりで仏壇だけがボンヤリと浮かび上がっていて
それはそれは不気味な光景でした。

真っ暗な中、読経は毎晩2時間くらい続きます。
お経というより呪術のようで
本当に気持ち悪く、陰鬱な気持ちになりました。

彼女は、10人以上の男子学生を賄う下宿のオバちゃんのイメージとは
ほど遠く、家事が全く得意ではありませんでした。

料理は下手だしやる気もなし。
掃除をしている姿なんて一度も見たことがない。

昼間いったい何をしてたんだろう?と、今でも不思議に感じてしまいます。

性格も極悪で。

電話は玄関にある黒電話1台きりだったのですが
下宿生が話していると、自分の部屋にある子機から盗聴するの。
でも、鼻息やテレビの音が聞こえてきてバレバレなのでした(笑)

とにかくそこは 『 目に入るもの全て、おぞましく汚い 』 の一言。

廊下には埃が厚く積もり、踏むと足跡が残りそう。
何十年前も前から置いてあるのが確実なフランス人形は
変色し、ガラスケースは真っ黒。

いたるところに、
死んだゴキブリ、生きてるゴキブリ、死にかけて悶絶しているゴキブリの姿が。

もう耐えられない!!    わかった。 なら、私が掃除する!!!

掃除機はあるかと聞けば、納戸に入っているから自由に使えとのこと。

では、まず自分の部屋から綺麗にいたしましょう。
そう思い、自室で掃除機のスイッチを入れた瞬間・・・・・。

中から巨大なゴキが2匹飛びだしてきて、
ワシャワシャと部屋中を走りぬけ、あろうことか机の中へ消えてしまったのです。

いいいいいいいやぁあああああああああああヾ(@† ▽ †@)ノ

戦意喪失。

負けました。

それ以来、掃除機をかけようとは二度と思いませんでした。
( 自分の部屋はコロコロ使用 )

ある夜。
小腹が空いたので、カップ麺でも食べようと食堂へ。

ドアを開け、電気を点けた瞬間。

床、壁、天井、テーブル、炊飯器の上に無数の黒い物体が。

そいつらは、岩場のフナ虫のように一斉に逃げ惑い、あっという間に姿を消しました。

本当にね、あやうく失禁するところでしたよ。。。。。

あれだけの数のゴキブリを一度に見たことがある人はそういないはず。

あの時の光景が脳裏に焼きついて、
今でも思い出すと足が震え、泣きそうになります。

汚い以上に強烈だったのが心霊現象。

毎朝、食堂では学生達が一列に並んで食事をします。

ある日、1号室の大学生がこんなことを言ったのです。

『 俺、昨日めっちゃ怖い思いしたっちゃん。  ・・・・出たよ。 』

みんなは笑って相手にしませんでした。
しかし、翌日。

今度は2号室の学生が真っ青な顔をしてこう言ったのです。

『 ・・・・・・昨日、俺も見た。 』

ちょっとだけ場が しーん となりました。

そして、その次の日は3号室の学生が。

結局、元病室に住んでいる学生全員が順番に女の霊を見たのでした。
( この順番に、ってのが本当に怖い・・・・ )

古い病院。 しかも産婦人科。
お産の時に無念の思いで亡くなった方は少なくはないでしょう。
そして生まれることのできなかった赤ちゃんも。

私の部屋は母屋のほうで良かった!! 

まぁ、霊感なんて全くないし、今まで一度も怖い思いをしたことないしねヾ(´▽`;)ゝ

しかし。

しかし。

しかし。

出たの。

わたしの部屋にも。

アレがっっっっ( T∇T)

                  ・・・・・・・・つづく

昨日は稲垣夫妻や武藤さん、Iさんと一緒に
西新のコキンヌに行って来ました♪

安くて美味しい上に居心地も良いと聞いていて
ちょっと前から気になっていたお店です。

☆⇒http://tabelog.com/fukuoka/A4002/A400203/40019251/


リーズナブルな3800円のコースをお願いしたのですが
次から次に料理が運ばれてきてビックリ!!


熱々のオニオングラタンスープから始まり
この素晴らしい盛り付けのカルパッチョ♪♪


新月に種まきされたという、スピリチュアル感満載の
野菜達で作られたキッシュやポテトサラダのオードブル。


その後にもグラタンやら豚肉とサラダやら
凝ったものがどっさり。

お腹いっぱいになった頃にメインが登場したのですが、
あまりに美味しくて結局ぺろっといっちゃったヾ(´▽`;)ゝ

ケーキもお茶も頂き大満足でした。


月の満ち欠けを利用して効率的に野菜を育てるという知恵は、
何世紀も前から存在しています。


その 『農業暦』 をもとに作られた野菜を使っています!
というレストランに初めて出会って、ちょっと感動してしまいました。


ところで。
毎月行っている新月の願い事も、全く同じ理屈なんですよ。
知ってた~!? (▼∀▼)

新月に種をまくとよく育つ。
新月に願い事をすると願いが叶う。
新月に新しいことを始めると成功する。

数年前には、ダイエットにも利用できると話題になりましたよね。
新月から満月になる間は、月が大きくなるように
身体が栄養を蓄えやすい 『 吸収 』 の時期なので、ダイエットには不向き。

逆に満月を過ぎて新月になる間は、
『 排出・浄化 』 の時期にあたり痩せやすいのです。

地球上の動植物は、月の満ち欠けに大きく影響を受けているんですねぇ。

ちなみに♪
1/28から次の新月(2/10)までは、絶好のダイエット期間。
お正月太りに悩んでいる方は、挑戦されてはいかがでしょうか(^▽^)


ただいま、来週納品予定のオーダー品を制作中。

今回はご家庭用ではなく、初の店舗用なのです。
素敵なスペイン料理のお店に飾っていただける予定なの。

あ~。 なんかドキドキしちゃう(⌒▽⌒;)


今日のおやつは、お汁粉にしてみました。

ちゃんとお餅をこんがり焼いて(^.^) ウマウマー




さて。
久しぶりの晴天で、撮影も順調にすすみました。

明日も晴れたらいいんだけどなぁ(‘ー ‘ *)


ここんとこ脳内が30年前にタイムスリップ中なので、
昨日は久しぶりに現実の世界に帰ってきた感じでアタフタしちゃったヾ(´▽`;)ゝ

さて、吐き出さねばならないモヤモヤはどっさりあるのー。
ネタには全く不自由しておりませんのです ( ・∇・)フフフフフ


さて、つづき。

福岡在住でありながら北九州の高校に通うのって
結構ムリがある。

6時起床。
タクシーで最寄駅へ。
7時発のJRの鈍行で1時間揺られ、駅から学校までまたタクシー。
これで所要時間は2時間。

帰りは

学校から駅までタクシー →JRで快速に乗って香椎駅下車 →西鉄電車
このルートだと2時間半。

学校から駅まではちょうどタクシーで700円くらいだったと思うのですが、
3人くらいで相乗りすればバス代とあんまり変わらないの。
だから、遠距離通学者は当たり前のように乗っていました。

片道2時間半もかかると、当然お腹もぺこぺこ。
毎日のように友人達と寄り道することに。
一番お世話になったのは香椎駅のお好み焼き 『 ふきや 』 かなぁ。

黒崎駅で途中下車して、そごうのサーティーワンにもよく行ったっけ♪



学園生活は順調そのもの。
楽しい日々が続いていたのです。

しかし、このまま遠距離通学を続けるのは辛いということで
高2の1学期から下宿生活をすることになったのでした。


あいつ(母)から逃れられる!! 
なんて幸せ( iдi )

私はワクワクしながら、下宿生活が始まる日を待ちました。

そこが想像を絶する恐ろしい場所だとも知らず・・・・( T∇T)




M学園は遠距離から通う生徒が多いのに寮がないため、
下宿している子は少なくありませんでした。

殆どが担任からの紹介だったと思います。
私が勧められたのは、とある大学の正門前にある下宿でした。


昭和初期に建てられたボロボロの産婦人科医院。
医師のご主人が亡くなった後、
病室をそのまま使って下宿屋を始められたのだとか。



下宿のオバサンは60代くらいでしょうか。
ミイラのように痩せて筋張っていて、とてつもなく意地の悪い人でした。

そこにいたのは10~12人くらいの男子大学生。
そして、女子高生の私だけ。
私には病室ではなく、母屋の一室が与えられました。


初日の夜、そこでの決まりごとを聞かされ愕然としました。

『 入浴は月・水・金の週3回のみ 』
風呂湯の継ぎ足しは許されないこと。

早速お風呂に入るように指示されたのですが、
ぬるいお湯が浴槽に20センチくらいしか入っていないのです。

これじゃ、髪の毛も洗えない(ρ_;)

しかも、風呂場の外から 『 お湯を使いすぎるんじゃないわよ!!! 』 と怒号が。
浴室はカビだらけ、脱衣所はホコリだらけで着替えを置くスペースすらありません。

トイレがまた絶叫もの。
切れかけた裸電球が一個。
便器は長年の汚れが堆積して茶色に変色しています。

しゃがんだ瞬間に目に入ったのはホコリの中でミイラ化したゴキブリ。
それが何匹も何匹も・・・・。
悲鳴を上げそうになるのを必死でこらえ、目線をずらすと
蜘蛛の巣が厚い層をなしていて。
『 きっとあれは私が生まれる前からあるに違いない 』 そう思ったのでした。

もっとショックだったのは、
大をした後に突いて流す棒というものが、目の前にぶら下がっていたこと (O_O)ヒィィー
本気で気を失いそうになりました。

廊下の電球は殆ど切れていてどこも薄暗く
よくよく見れば、いたるところにゴキブリの死骸が転がっています。


そう。

そのババアは、 くそサイコ野郎だったのです。

大慌てで、自分の部屋に逃げ込んだ私。 
心臓がバクバクしています。
あぁ、どうしよう?
ここはまともな人間が住む場所じゃない!!!

そんな中、どこからともなく不気味なお経が聞こえてきて。

あまりの恐ろしさに発狂しそうになりました。


こんなところ一日もいられない!!!!!! 誰か助けて!!!!!

その日から、背筋が凍りつくような恐怖との闘いが始まったのです。

次回 
『 銭湯通いと初めての心霊体験 』 をどうぞお楽しみに Ψ(`∀´)Ψ


千葉県のお客様Kさんが、お友達のご出産祝いをご購入くださったのは
ちょうど一年前のことでした。

そのお届け先であるWさんのご住所を見てビックリ。

なんと、我が家から歩いて行けちゃう距離だったのです(^▽^)
☆⇒http://suncather.exblog.jp/17039803/

今度はそのWさんが、
お友達の新築祝いのプレゼントとして
ラムリムのサンキャッチャーを選んでくださいました。

いやーん、嬉しい!!!  本当に有難うございます(=^_^=)


いろいろと悩んだ末、
ご自分のものと同じ 『 らせんタイプ・サンキャッチャー 』 をチョイス♪♪


サンキャッチャーのカラーにはそれぞれ意味があり、
チャクラに対応するように作られています。

チャクラとは⇒http://suncatcher-lamrim.com/?page_id=54


オレンジは第2チャクラ。

オレンジには、

社会的成功、オーラの浄化、家庭運アップ、社交性、創造性、自信をつける・・・
などの意味やパワーがあり

副腎、腎臓、膀胱、盲腸、大腸などの臓器に関連しています。


お時間がゆっくりあればオーダーもできたのですが、
今回はオンラインショップの作品をご購入です。

お茶したりお話したりしながら、なんとかラッピング完成♪

こんなにお若くて可愛いのに、3人もお子さんがいらっしゃるとは!
本当に驚いちゃうわー(‘ー ‘ *)


インテリアが大好きで、今はご自宅の壁塗りの真っ最中というWさん。
壁塗り&床のオイル塗り! 私もやったんですよ~。

なんだかとってもお話が合いそう☆ミ

次回は是非ご主人さまとお二人で遊びにいらしてくださいね♪

またお会いできるのを楽しみにしていますヽ(^。^)丿

入学してすぐ、上級生から呼び出しがかかりました。

高校入試の翌日に、ピアスを開けちゃってた私。
早速目をつけられたのです。

でもね、なんか笑いがこみ上げてくる。

こんなお嬢様学校の不良ってどんなだよ。 爆笑~( ・∇・)

体育館のトイレで数人に囲まれてもニヤニヤ。
結局、外見をちょっと注意してきただけで解放してやんの♪

俗世のドロドロを知らないくせに、テレビで見た不良をきどってる。
あそこではどんなにエグイ事が行われてるか知ってんのー????

ぬるい & ちょろい = この学校居心地いい~ヽ(^。^)丿

それから。
中間試験の結果が廊下に張り出されました。

私は120名中30番台。
本当はちょっとショック。

今まではクラスで1~2番しか許されなかったし、
毎年学級委員をやらされてたし。

でもね。

なんだかフッと肩の力が抜けたのです。

私って
ここじゃ普通、もしくは普通以下じゃん!? 
誰にも期待されないなんて、めっちゃ気が楽~ ヾ(´▽`;)ゝ

優雅なランチの時間。
同級生の食事風景もお上品で、しみじみ癒されます。

こんなおとぎの国が世の中にあるなんて。 
今まで私が住んでた世界は一体なんだったんだろう?


賢い、可愛い、性格いい。 育ちが良くて実家が超お金持ち。

君達は完璧なんだねぇ。スゴイねぇ。

このまま一生安泰だし、悩みなんてないんでしょ?? (゜▼゜*) 

しかし、しばらくすると少しずつ内情がわかってきました。
ある日、友人達がこんな会話をかわしていたのです。

 『  うちなんかただの町医者だしね・・・・・ 』

 『  開業してるだけいいじゃん。 うちは勤務医なんだよ・・・・ 』

ちょっとアンタ達、どんだけ嫌味なこと言ってんの!?   (・.・;)  ポカーン


120名の中で医師と歯科医の娘は約1/3。
残りは社長令嬢という内訳。
うちのように自営なんて、殆どいないのです。

公立だったら、〇〇医院のお嬢様と世間から一目おかれるところ。
この学校ではそうはいきません。

何十人も医者の娘がいるということは、
その中でも明確にランク付けされて上下関係が発生しているというのです。

何ではかるかというと。   
それは、 病院のベッド数なんですって!!!!!!Σ( ̄口 ̄;;




誰でも知ってる大病院の子供がゴロゴロいて、
確かに偉そうに振舞っています。
入院施設がない診療所だと肩身が狭いのは本当のよう。

小学生時代には陰湿なイジメもあり、
彼女達は本気で
 『 自分達はたかが町医者の娘 』 と嘆いているのでした。

うわー。びっくり。 うわー。 本当にびっくり。

俗世ならチヤホヤされる存在でも、彼女達の属している世界ではランク外。
そんな劣等感にさいなまれていたなんて。



レディガガも、父親が一代で財をなし
ヒルトン姉妹が通う超セレブ学校に入学したものの
 『 成金の娘 』 と呼ばれ凄惨なイジメを受けたという話は有名です。





どこの世界も大変なんだなぁ。
どんなに恵まれていて幸福そうに見える人も、
心の奥では惨めさや劣等感を抱えてる。

だから 『 苦労知らずで恵まれた奴め! 』なんて
むやみに羨んだり妬んだりするのは意味がない。

その人は他人が想像もしないような事で
苦しんだり悩んだりしているかもしれないんだもん・・・・(T.T)


高1の春は見るもの聞くもの本当に刺激的で
あっという間に過ぎていきました。


楽しみに読んでいるブログが、
なんと書籍化されることになったとか。(2/28発売)

なんだか、スター誕生の瞬間に立ち会った! ような
ちょっとした興奮を覚えた私です。

ふふふ。  ただの一読者なのに、この思い入れ(笑)

そのタイトルは 「 なんにもないぶろぐ 」
断捨離ブログの中でNO1なのだそう。
ブログをはじめられて、わずか8ヶ月でですよ!?
やはりセンスのある人は違うねぇ。

汚屋敷育ちのブロガーさんが、
いかに立派な捨て変態になったか (← ご本人談 )
という興味をそそられる内容。

大人4人と猫3匹で暮らしているとは信じられないくらい
本当に本当に本当に本当に家の中になんにもない。

もうね、空っぽなの。
リビングはダイニングセットと炬燵のみ。
装飾品などひとつもなし。


圧巻なのは、キッチンと食器棚。
食器の少なさには呆然としてしまいます。

モデルルームよりもモノがない!!


最初にこのブログを読んだ時は、
あまりにも極端な捨てっぷりに心がヒリヒリしてしまい
  『  この人病んでる。 気の毒に・・(T_T)  』
そう思ったものでした。

汚屋敷で生まれ育った反動で、 ここまでなるなんて可哀想。

でもね、読んでるうちになんか違うと思えてきて。

何も所有したくない病の彼女が、『 どうせ持つなら好きなもの 』 と
厳選を重ねて選んだ1品1品が
それはもう美しくってねぇ。

がらーんとした部屋が光り輝いて見えてくるのです。

我が家もよく生活感がないね!と言われますが、とんでもない。

ホンモノはこちらです。
皆さんにも是非見ていただき、
何かを感じていただけたらと思います(‘ー ‘ *) ウットリ

 「 なんにもないぶろぐ 」

☆⇒http://nannimonaiblog.blogspot.jp/

腰抜かすかもよ(笑)


『 こいつの親父、外車に乗っとろうが。 ・・・・・むかつくったいね。 』

塾の職員室でお説教されている時、塾長が横にいる数学教師に漏らした言葉。

  ええええええええええええっ。  
  アンタが私を嫌いな理由ってそこなわけ!?( ̄□ ̄|||)

なぜか理不尽にイジメられるなぁと思っていたら。
立派な大人が、私のような子供にそんな感情をぶつけてくるなんて。

なんだかちょこちょこ妬まれる、我が家は庶民の中の小金持ち。
当時はそんな位置づけでした。

念願のM学園に入学した私は、あらゆる面で驚かされることになりました。

M学園は小・中・高の一貫教育。
小中までは男女共学、高校は女子のみ。(現在は高校も共学)

1学年は3クラスで120名ほど。

高校から入学するのは、わずか10人くらいしかいないのです。
なので、各教室に3~4人が追加されるだけで
殆ど転入生扱い。

高校から入った私達に対する呼び名は、ずばり 『 外部 (がいぶ) 』
文字通り、よそ者という意味です( ・∇・)

入学してすぐに起こった出来事は今でも忘れることができません。

家庭科で調理実習が行われることになり、
班を決め、持ち物を各自で振り分けることになりました。

私は平静を装いつつも拳にグッと力を込めました。

『 ここは負けるわけにはいかねぇ。 公立で揉まれてきた私を舐めんなよ!(ー_ーメ)  』

公立中学は弱肉強食の世界です。
特に私が中1~中2まで過ごした香〇2中は、最低・最悪な学校で。

当時ツッパリブームだったとはいえ、見事に学校崩壊していました。
廊下は土足が当たり前。
唾は吐き放題。
階段の手すりにはガムがべったり。

教室では不良がいじめられっ子をカツアゲ。
授業中でも男子が廊下で剃りのいれっこをして大騒ぎ。
黒板に向っている先生に給食のみかんを投げる奴多数。

教室から泣きながら飛び出す若い先生や鬱になって入院しちゃう先生も。

450人の同級生のうち、どこの高校にも受からず
中卒として世間に羽ばたいた奴らが100人もいたのです・・・。

そんな学校で調理実習が行われるとしましょう。

弱い奴が、大きくて重い調理器具を押し付けられるのは当然のこと。
最悪の場合、一人で全部持ってくることも。

普段は友達のような顔をしていても、
自分のほうが格上なんだぞと牽制し火花を散らす。

猿山の権力争いのような醜い争いが繰り広げられるのです。

そんな荒波をくぐり抜けてきた私です。
こんなちゃらいお嬢様学校でぬくぬく育った奴らに
負けられるかってなもんですよ(*`ε´*)ノ_彡☆

さて。
いよいよ話し合いが始まりました。
最初に口を開いた子の言葉を聞いて、私の頭は真っ白になったのです。

『 ねぇねぇ。 ラムリムさんは遠くから通ってて大変だから
何も持ってこなくていいことにしない?♪ (*’▽’)  』

『 賛成♪ じゃあ、私一番大きなお鍋を担当するね! 』 

な、な、な、  なんじゃその会話  |||||/( ̄ロ ̄;)\|||||||

皆がわれ先に選んだのは負担の大きいもの。
重たいフライパンや鍋、まな板など。

その時の衝撃たるや・・・もう( iдi )

あぁ、育ちがいいってこういうことなんだな。

私、本当に恥ずかしい。。。。。((((T-T*))))

みんな、なんて素敵なの。
私、この学校に入って本当に良かった~!!!!!

可愛い子が多いし、性格もおっとりしてお上品。
そして、とてつもないお金持ちの子ばかりで。 

なんだか欠点がないみたい。

それに比べて私は、
育ちの悪い庶民に過ぎないんだなぁということをつくづく思い知らされたのでした。

こめと久しぶりの食事会。

展示会に来てくれたり、メールくれたり
いつも繋がっている気はするけど、ゆっくり話せるのは
年に1~2回しかなかったりします。

その貴重な会合の場所に選んだのは、警固にある 『 ル・グラン・シャリオ 』

去年の夏に、やまぐっち君に紹介してもらった
こちらのお店。
リーズナブルなお値段なのに、本当に美味しくて感激したのよねー。

☆⇒http://suncather.exblog.jp/17804397


お店の名前を検索して、
このラムリムブログに辿り着く方が意外と多いみたいで。

ここ最近、記事ランキングの上位なのです。

まずは、ロゼのシャンパンをボトルで注文。

『 かんぱーい♪♪ 』
ピンクのシュワシュワで、
カサつきがちな心と身体を潤します(* ̄∇ ̄*)

前菜の美しい盛り付けにテンションが上がる私達。


そして二品目。
待ちに待ったフォアグラ茶碗蒸ちゃんと感動の再会ヽ(^。^)丿 キャッホー

でも。 つい嬉しくて、がっついたせいで舌火傷したわー。
皆様、十分お気をつけくださいね!!


          『 どうぞ、お上品に召し上がれ (=^_^=)  』

『 このお店を紹介してくれた、やまぐっち君ってどんな人なの? 』

彼の話を一通りした後、
何気なくカウンターを見たら。 なんと本人がご来店(笑)

噂をすればなんとやら( ・∇・)ヘヘヘヘヘ



メインも最高♪♪ 

この後、パスタ + デザート& お茶で大満足。


今の私達って、難しいお年頃。
そろそろ老後のことも考えなくちゃいけないし。
親の介護問題も迫ってるし、 子供はまだ小さいし。

その上、自分自身がすごい勢いで老化しているという現実。

この先の人生、一体どうすりゃいいのよ!?って感じY(>_<、)Y


しかし。

取り越し苦労が一番無意味。

明るく楽しい将来をイメージしつつ、
一歩一歩堅実に進んでいくしかないもんね。



というわけで、我々の老後の目標。

彼女はハワイの不動産王となり、日本と行ったり来たりして暮らす。
私は自家用ジェットでいつでも遊びに行けるようにしとく♪

という素敵な未来を語り合って解散したのでした。


なーん。 
馬鹿にせんでもよかろーもん!!
これが現実にならない理由って何かある???
人生って何が起こるかわからんけん面白いっちゃろ~(^w^)

あ~。   20年後、本当に楽しみだな~♪♪



なんというか、禁断の箱を開けてしまったようです。

大昔の思い出したくない記憶が次々に甦ってきて、とんでもないことになってきました。
しょうがないので、ここで全て吐き出すことにします!

という訳で 『 青春の苦い思い出 』 はシリーズ化決定♪
つまんないと思う方はスルーでOK( ・∇・)

前回の続きですが。

結局、高校はどこに行ったの? と聞かれたのでお答えすると
もちろん第一志望のM学園に行きました。

そ、  れ、  に、   F高は落ちたしね!!!!!!!!

公立に行くつもりはなかったので、
担任から内申の点数を譲ってくれと頼まれても
ほいほい承諾。

それなのに。 それなのに。

合格発表の日、
自分の番号がないのを確認した瞬間に背筋に冷たいものが走りました。

私より自己採点が低かった子たちが受かり、狂喜乱舞している姿を見て
なぜだか惨めさで胸が張り裂けそうになっていました。

F高出身の父には鼻で笑われるし、塾長は激怒している。

『 蹴った 』 つもりでいても 『 落ちた 』 という事実しか
残らないということにようやく気がついたのです。

この屈辱感は一生ついてまわるのだ。
しかも、二度と挽回することはできないのだ。

その現実を受け入れることができず、吐きそうになったのを
今でもはっきりと覚えています。

なんてお人好しで馬鹿なことをしてしまったんだろう・・・・・。
あぁ、過去に戻れたらどんなにいいか。
なんでもするから、あの時に戻りたい(TロT)

私は自分の愚かさと、頼み事をしてきた担任を心の底から呪ったのでした。

自分が納得していれば、それですむ話です。

でも、30年たった今も、あの時に感じた屈辱と後悔が
しっかりと根を張っていて。
高校入試の時期になると鮮明に思い出され、胸を掻きむしられるような気持ちになるのです。

きっと、誰にでもあるよね。

こんな情けなくて恥ずかしい、振り返りたくない過去。

でも、それを上手に消化するのが大人ってもん。

いつまでも引きずってるのって一番格好悪い。

何がそんな気持ちにさせたのかと分析してみたら

☆『公立に落ちた馬鹿な奴』 と陰口を叩かれるんじゃないかという恐怖心。

☆『自分よりはるかに点数が低かったくせに合格した人』 への八つ当たり的な怒り。

☆偏差値の高いMよりも、福岡では公立のほうが尊敬されるということに対する憤り。


この3点が主な理由のよう。
結局は、全て見栄とプライドの問題なのですね。


あぁ、そうさ。 
私は見栄の塊りさ   ~(^Д^~)



でも、もう卒業したいの。

見栄とかプライドに振り回される人生は疲れるしイヤなの。


もっとちゃんとした大人になって、余計なものを手放したいの。


     

さて。
次はいよいよ高校生活の話に突入。 
想像もしていなかった地獄へ
足を踏み入れることになった私の運命やいかに..・ヾ(。 ̄□ ̄)ツギャァッ!!



刀坂先生の親戚のまー君。

久しぶりに我が家に遊びに来てくれました。
知り合った時は高校卒業したての18歳。
ちょっと前までは、よく一緒にご飯食べに行ったよなぁ(^u^)

そんな彼も春には25歳になるとのこと。

見た目は全然変わってないけど ← 恐ろしいほどの童顔
中身は少し大人になってる(笑)


うちに来るのに手土産のケーキを持参してくれたり(!)、
脱いだスリッパを玄関で揃えたり(!!)

そんなことができるようになったなんてビックリ。

そうそう。
働き始めてからは敬語も使えるようになったしねぇ(^w^)



彼を見てるとつい保護者のような気持ちになってしまい

『 自転車でもちゃんと赤で止まりなさいよ 』 とか
『 ご飯きちんと食べてるの!? 』 とか

しょうもないことを口うるさく言ってしまうのですが、

そんな私を鬱陶しがらず、
素直に 『 はーい 』 とお返事してくれる可愛い子(笑)。


四月からはより責任のある立場になる彼。

これからも成長を見守り続けられたらなぁと密かに願っています。


まー君。
また、ご飯食べがてら遊びにおいでね♪


中学時代、私が通っていたのは地元でも有名な塾でした。

新しくできた塾の一期生として入ったら、たまたまそこが超スパルタで。

入学試験の後に一部の生徒が選抜され、
私は特訓クラスというものに入れられました。

そうして自分達の意思とは全く関係なく、
男子はラサールか久留米付設、女子は北九州のM学園を目指して
日夜勉強漬けの生活を送ることになったのです。

中学校の記憶というのは殆どありません。
自分のクラスが何組だったかとか、同級生や担任の名前すら覚えていません。
学校では寝ているか塾の宿題をしていたからです。

中3の夏休みは朝8時から夜12時まで缶詰。
父兄に送り迎えしてもらい、昼食と夜食も塾で食べる日々。

そこでは指導という名の体罰が当然のように横行していました。

私の頭頂部はがっつりへこんでいるのですが、
それは居眠りをしていて先生に教材用のコンパスで思いきり殴られた痕。

コンパスといっても角材のようなものです。
ですから、角材の形そのままに窪んでいます。

途中何度も辞めたいと思いましたが、どうしてもできませんでした。

辞めると言うと、どれだけ恐ろしいめにあわされるか
全員知っていたからです。

一度目をつけられると、暴力だけでなく精神的に
これでもかというくらい痛めつけられます。
馬鹿だクズだ能無しだと罵られ、徹底的に蔑まれる。  どこにも逃げ場がないのです。

講師が飽きて別の生徒にターゲットをうつすまで
公開処刑はくる日もくる日も続きます。

生徒達は、講師の怒りをかわぬよう目をつけられぬよう
静かに息を殺して机に向っていたのです。

そこから解放されるには、受験に合格するという以外、選択肢はありません。

そうして、ようやくその日がやってきました。
みんなそれぞれ嬉しい知らせが。
私もC女とM学園に無事合格することができました。

そんな中、中学の担任からこんな提案がありました。

『 ラムリムさんはM学園に行くんでしょう?
 それなら公立の内申書の点数を他の子にまわしてもいいよね?
 君が譲ることで別の誰かが落ちなくてすむんだよ。  』

私は 『 もちろん、いいですよ♪ 』  喜んでそう答えました。

公立の受験が終わると塾で模範解答が配られました。
自己採点の結果は、全教科ほぼ満点でした。

講師達はF高に何人合格するか、嬉しそうに語り合っています。

珍しく上機嫌でいる先生に嬉しくなり、
うっかり中学の担任とのやりとりを話したところ
顔色がさっと変わり

『 お前は最後の最後で俺達を裏切ったんだな!!!! 汚い奴め。許さん!! 』

そういうと凄い剣幕で怒鳴り始めたのです。

・・・・・・殺されるかと思いました。


彼は、私が殴られた腹いせに
わざと嫌がらせをしたのだと勘ぐったようでした。

目標の私立に受かったから公立なんて蹴ってもいいんでしょ?
そう考えていた私は、
子供過ぎて何にもわかっていなかったのです。

私達がなんの為に殴られ怯えながら勉強させられていたのか。

それは、ただただ、塾の宣伝のためだったのです。

本当に馬鹿だった私。
講師達のいう
 『 お前たちの将来のために厳しくしてやっているんだぞ 』
という言葉を鵜呑みにしていたとは。

できたばかりの塾を有名にする為、合格実績を上げる為
塾側の利益のために、奴隷のように鞭うたれていたなんて。

本当は、奥底に愛情があるんだろうと信じていたのに。
ちくしょう。 殴られ損じゃん!!!!

思春期の子供達が、よくあの緊張状態を乗り越えられたなぁと
今になって思います。

塾長は、中高一貫教育の学校を作るのが最終目標だと常々語っていました。
プレハブだった建物は、
今では立派なビルになり生徒数は増え続けているようです。

あの時の講師達は、まだ5、60代。
変わらず現役でやっているんでしょうか。

卒業して何十年にもなりますが、
今でもあの塾のことを思い出すと、なんだか苦いものが込み上げてくるのです。
友人達もみな同じ気持ちのようです。

3年間通い続けたあの場所に
辞めてからは一度も足を踏み入れることはありませんでした。

卒業生が誰一人として挨拶に行かないなんて、
やはりそこに愛がなかったからだよなぁとつくづく感じてしまいます。

ここ数日、体罰が問題になっていますが
恐怖に支配されてがんじがらめになり
身動きのとれなくなる苦しさが手にとるようにわかって辛いのです。

子供のためと言いながら大人のエゴで暴力を振るうのは
本当に許せない行為です。

炬燵生活も一週間目。
すっかり我が家に馴染んでおります。

夕食後、デザートとお茶をいそいそと和室に運ぶ夫。

ラジオを聴きながらネットサーフィンをしたりと寛ぎまくり。
そして予想通り、明け方までうたた寝( ・∇・)ヤッパリネー

私はその横でせっせとお仕事(; ̄- ̄;)

テーブルがちょっと小さめなので(80×80)不便ではありますが、
なんとか工夫して作業しています。


何がいいってね、

暖かいので炬燵から出られない ⇒ あちこち出歩かない ⇒ 制作に集中するしかない

ということでしょうかヾ(´▽`;)ゝ


昨日もそんなこんなで新作サンキャッチャーを作ったとです!

赤・ピンク・黄色・グリーン・ターコイズ・青の計6本♪♪

展示会以降実感したことですが、
みなさん想像以上に 
『 お花 』 『 蝶々 』 『 ハート 』 『 雪や月 』 のモチーフがお好きなんですね・・・。

私自身はそれほどでもないのですが、
そんなに受けがいいなら作らねばなぁと(▼∀▼)ニヤリッ

今回もお花畑に蝶々を飛ばしまくりでっす。


今日も撮影後に一服。

お茶請けは懐かしのチロリアン♪♪
福岡県民なら慣れ親しんだ定番お菓子。 子供の頃死ぬほど食べたよなー(´ー`)

イメージは、 おばあちゃんがくれるおやつNo1

何十年も口にしていなかったのですが、
あまおう味というものが出たと聞いて
つい買ってしまいました。


武藤さんと二人でワクワクしながら
『 あまおう 』 と通常の 『 ストロベリー 』を
食べ比べてみたところ・・・・

うわぁい。  味の違い全くわからず( ̄▽ ̄;)

やはり老舗は商売が上手い。

見習わねば(笑)。

2013年1月12日午前4時47分から山羊座の新月に入ります。

この不景気なご時世、みんなが共通して抱えているのは
『 老後の不安 』 ですよねぇ(;>_<;) ヤダヤダー

さて。 
そんな貴方に朗報ヾ(☆▽☆)

山羊座って、 『 将来に備えるための願い事 』に効果があるのです!

他にも 『 権威者との上手なつきあいを促す願い事 』 (笑)や
『 成功を呼び込む願い事 』 など。

山羊座の新月は
新年に相応しく現実的な目標を立てるのにピッタリのようです。

さぁ、権力者に取り入って成功を掴み、老後の安定をゲットしようぜ!!
・・・・ちょっと違うか(゜▼゜*)

★願うタイミング★

 ・基本的には、新月直後~48時間以内です。

  01/12(土)04:47 ~ 01/14(月)04:46

 ・強いパワーが働くのは新月直後~8時間以内です。

  01/12(土)04:47 ~ 01/12(土)12:46

 ・「ヴォイドタイム」は、

  01/12(土)04:47 ~ 01/12(土)18:06

ヴォイドタイムは、間違いが起きたりしやすい時間帯です。
その間に願い事をするのであれば、より慎重に注意して行ってください。

 << 願い事の書き方  >>

  
☆たとえ1分前でも、「新月になる前」にはやらないでください。
 新月の恩恵をうけられない、とされています。

☆必ず、手書きで2個以上10個以下の願い事をすること。
☆日付を書いて保管しておく。 捨てちゃだめ!(専用のノートを用意すると便利)

☆大事なのは 主体はあくまで「自分」にすること。

○実現しやすい願いごとキーワード:

 老後の安定、責任、目標達成、
 成功、処理能力、権威者、
 伝統、他人を操作しない、  ・・・など。

○主な願い事カテゴリ:

 ・将来に備えるための願い事
 ・責任ある行動で成功を呼び込む願い事
 ・目標達成に向けた願い事
 ・成功を手にするための願い事
 ・処理能力を向上させるための願い事
 ・権威者との上手なつきあいを促す願い事
 ・過剰操作を抑える願い事

○関連のある身体の部分・症状:

 骨と間接、ひざ、関節炎リウマチ
 胆嚢と胆石、皮膚・乾癬・かゆみ

 
<<  例 文  >>

☆年老いていくことへの恐怖感を、私の中から取り除いてください (老年期)

☆豊かな老後を過ごすため、経済的な基盤を作れるような判断ができますように(賢明な判断)

☆わたしにはできない、できないかも、という自分への能力への不安を一掃したい(有能さ)

☆世間での評価が上がるような言動を、自然に取れるようになりたい(大人の言動)

☆何をなしとげれば幸せを感じられるのかを知りたい(目標設定)

☆仕事での昇進につながる行動を積極的に起こせるわたしになりたい(成功)

☆掲げた目標を着々と達成できる人になりたい(ゴールに到達する)

☆生活のすべての分野で、やるべきことを上手くこなせますように(処理能力)

☆父親との関係を改善するための明確な考えが浮かびますように(権威・父親)

☆すぐに自分を正当化したくなる性癖を改めたい(自己正当化)

☆悲観主義に陥ることなく、いつでもポジティブに考えられるわたしになりたい(悲観主義)

☆目標を完全に実現できると自信を持ち、常に自分を磨き続ける人物になれますように (責任)

☆自分に最もふさわしい仕事に就き、そこで能力を存分に発揮したい (目標達成)

☆仕事や遊び、家族の為に充分な時間がとれるよう、自分の生活を効率よくコントロールできますように (処理能力)

☆上司(父)と向き合うことへの恐怖や抵抗がすべてなくなりますように (権威者との付き合い方)

☆他者を思い通りに動かそうとする癖を治したい (過剰操作)

☆関節炎とリウマチが完全に癒されますように (身体部分)

参照元:

 [魂の願い]新月のソウルメイキング
 ジャン・スピラー (著), 東川 恭子 (翻訳)
 出版社: 徳間書店 (ISBN: 4198617643)

今年最初のお客さまは、稲垣夫人のお友達 Iさん。

実は、お二人ともお仕事は助産師さん。
稲垣さんがIさんのお産をお手伝いされたのが、ご縁のきっかけとか。


今日はとっても天気が良くて、家中キラキラ。

サンキャッチャーに初めて接する方に、
虹をお見せできるのって本当に嬉しいことです。

せっかく我が家に来てくださったからには
この光のシャワーを体感していただかなくちゃねヽ(^。^)丿


HPやオンラインショップでデザインを下見された時には
クリアをご希望だったのですが
悩んだ末に赤の30ミリボールをお選びになりました。


デザインを決めるのも一苦労ですが、
そこから色合わせを考えるのが結構大変なの(⌒▽⌒;;;A

でも、納得のいく組み合わせを見つけた瞬間の
喜びはひとしおですよね♪


そうして。
完成したのが、こちらです!!

赤をメインに、オクタゴンのビーズをバランス良く配置。
上部にはクリアの小ビーズをぱらぱらと流れるように散らしています。


『 蝶々が大好きなんです (*’▽’) 』 

蝶々いっぱい付けたいな~♪♪ そうおっしゃる Iさん。
オーダーですから、もちろんお応えできますよ(^v^)

クリアビーズの中に
赤いお花と大小5頭の蝶々が舞い飛ぶ
可愛いサンキャッチャーが出来上がりました。


窓の高さに合わせて、チェーンはかなり長め。

これならちゃんと、陽射しが届くかな♪


お隣りで、ずっと暖かく見守ってくれていた稲垣さん(笑)

お二人にとても喜んでいただけて、私も嬉しいです(´ー`)



過酷なお仕事をされている上に、お子さんは受験生。
サンキャッチャーのキラキラが
少しでも日常生活の癒しになればなぁと願っています。


今日はお忙しい中お越しいただき、
本当に有難うございました。

次回は、
もっとゆっくり遊びにいらしてくださいね~(=^_^=)


それはそうと。

私とIさん、子供の頃同じ町内に住んでいたことが発覚!Σ( ̄□ ̄;
当然、中学も同じ。
しかもお姉様は私と同じ学年だったとか!


さすがに1学年12クラスくらいあったから
お互いにわからないとは思うけれど
世間の狭さには本当にビックリです・・・。

展示会で大人気だったスノークリスタル。

これは以前ネットで販売していた雪の結晶ビーズに
20ミリボールを追加した、リニューアルタイプなのです。


大小の丸ビーズにアクセントとして
お花かハートのモチーフを一つ付けていましたが
今回はお花一つと蝶々二つの組み合わせ♪にしてみました(^u^)


全部で6色。

赤、紫、黄色、緑、青、ヴァイオレットが揃っています。


ボールは水玉、
雪の結晶ビーズはハートの虹が飛びかいます(=^_^=)

サンキャッチャーショップ・ラムリム オンラインショップはこちら♪
     ↓  ↓

☆⇒http://suncatcher.ocnk.net/product-list/22

一昨日の夕食時、

『 ちょっと炬燵が欲しいんだけど、どう思う? 』 

と提案してみたところ
意外にもあっさりOKが出たのです。

去年、夫の実家で
 『 なんか落ち着く~♪ 』 と感じたのがきっかけ。

今までは、家の中が野暮ったくなるからヤダっ!!と、
拒絶反応があったのに。
この心境の変化は歳のせいかしら(⌒▽⌒;)


そんなわけで、早速キャナルの無印に走った私達。
思いがけず、セールになっていてテンションが上がりますヽ(^。^)丿ラッキー♪

こうして、我が家の小さな小さな和室で、
20年ぶりの炬燵生活が始まりました♪

本当の目的は。。。。

猫を喜ばすため!!だったの (▼∀▼)ニヤニヤ

それなのに、びびりで警戒心の強い二匹は
中に入るの断固拒否。


使い方ちょっと間違えとうけど。

幸せそうだから、 まぁ、いっかヾ(´▽`;)ゝ


しかし。
想像以上にウキウキしていたのは、夫だったのです。

お風呂上りにわざわざ入って寝る気満々。
( 明らかに使い方間違えとうし (=_=; )

あ~あ。これから毎晩
 『 ベッドで寝なさ~~い!! 』 って言わなきゃなんないのね。

面倒くさい。
でも、まぁ、いっか( ・∇・)

昨日は夕方からバタバタと初詣に行ってきました。

まずはお世話になっている愛宕さん。
それから、東に車を走らせ香椎宮。
最後はお櫛田さんへ。

櫛田神社では二人でおみくじを引きました。
これがまた偶然とは思えないような内容で、ちょっと笑ってしまいました(;^-^;)

夫は 『 頑張って人付き合いをすると良いことがあるよ~ 』
私には 『 人知れず辛いことが沢山起こるけど辛抱してれば好転するからね。
        あと、どれだけ待っても待ち人は来んけん。 』

ということが書いてありました。(ちなみにどちらも中吉)

人付き合いが大嫌いで、
できるだけ他人と関わらずに生きようとする彼にはピッタリな助言です(▼∀▼)

私には、メンターとの出会いはないから、辛くても一人で耐えなさい。
そのうちなんとかなるけん!という有難いアドバイス( iдi ) アーン


ところで。
三社参りって全国的には行われてないんですってね????? Σ( ̄□ ̄ノ)ノ

何気なく調べたら、九州、特に福岡県で根付く風習と書いてありました・・・・。
びっくりしたー。
知らんかったー。

日本中の人が、お正月は神社を3ヶ所参りに行くんだと思っていました。
たった今まで!!
なんかショックー  Y(>_<、)Y

新年早々爪を切られる小鉄。

逃げたい。
でも、腰が抜けて動けない。 そういう状態です( ・∇・)


お腹を上にして抱いたときに、
シッポをお腹にピッタリつけるているのは怖がっている証拠。

可哀想にねぇΨ(`∀´)Ψ

終わった後のこの表情。

『 うっひゃ~ びびったぁ~  』  目がまん丸(笑)


気の毒にも、ついでに捕まった杏ちゃん。

こちらも小鉄同様に尻尾がくるーん♪


『  ま、ま、まだ切ると~!? 』


解放後は、かなりご立腹のご様子。

めっちゃ不機嫌そう。 この顔は、絶対舌打ちしてる(^w^)


ついでに私もネイルサロンへ。

今までにない新しいデザインに挑戦したとです(^ー^* )


クリアを塗って、真ん中だけ赤にする。

右手の薬指と左手の中指、小指にストーンでアクセント。


なんだか、モダンなお正月って感じ?

最近ずっと地味ネイルで落ち込みがちだったので、自分に活を入れてみました。
やっぱり赤って気合いが入るわー(*`▽´*)

今年のお正月は思いきりゆっくり過ごそうと思っていましたが、
もう飽きました。

食べてテレビ見て寝るだけ。例年以上にグダグダな感じ。

2日間でいっぱいいっぱい。

今日こそは外出しようと思ったのですが、
あまりの寒さに気力喪失。

実家に顔出しも三社参りもしてないのーヾ(´▽`;)ゝ  


でもねー。

何も予定がないという贅沢な時間って
滅多にないから幸せといえば幸せです♪

なかなか味わえない、この開放感~(^Д^~)


明日はネイルに行って、明後日から仕事です。

皆様、あけましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願い致します。


大晦日は、京都のふぅもっちゃん夫婦が訪ねて来ました。
久しぶりの再会。

今年は家を新築するということで、
我が家の写真をいっぱい撮っていきました。

夜は香港で中華三昧。 お腹いっぱい。 食べ過ぎたー(⌒▽⌒;)


イライラしたり悲しくなるたびに 
『 感情は幻だから~ 』 と心の中で呟きつつ
なんとか乗り越えています。

将来的には 
『 怒りすら感じない 』 という境地に達したいと願っているのですが
その時はくるのでしょうか(゜▼゜*)

是非とも今世のうちに成し遂げたいものです。



12年に一度巡ってくる嵐の年ですが、
正確には2013年の節分まで続きます。

あと一ヶ月ちょっとは大人しくしとこうっと(⌒_⌒;


でも、流れが少し変わったのはわかります。
何をやっても裏目裏目に出る変な感じは、もう消えてしまったみたい。

今年は、明るく前向きな年になりますように。