サンキャッチャー専門店・通販サイト【LamRim】サンキャッチャースワロフスキー/クリスタル/スタンド付き/オーダー

\ 2011 \ 10月

土曜日のお客さまは、〇〇女学園出身の可愛い子ちゃん3人組(^.^)
ラムリムには、それぞれ2~4回はいらっしゃってる常連さんです♪

 ☆⇒http://suncatcher-lamrim.com/?m=201105&paged=6


いつも美味しい手土産をお持ちいただき、本当に有難うございます☆

今回のケーキも特別にこだわったお店のものとか。
果物も地元で採れる旬のものしか使わないんですって!
確かに、それって大事かも。
だって、一年中イチゴショートやモンブランがあるって、よく考えたらちょっと変(^_^;


                          
                                         焼きイチジクのケーキ、最高でした♪♪

皆さんとのお喋りが弾んで、普通にお茶を楽しんでいたら
あっという間に3時半。

今日のオーダーは1本かと思い込んでのんびりしていたら。。。

          えっ。   3本だったのねっっっ Σ( ̄ロ ̄lll)  ひ~


しかも、6時半から夕食のお店を予約してあるとか!

いやーん。  間に合わないかも (;>_<;)

のんびりから一転、全員でやる気満々モードへ突入 (笑)


こちらは、三人からお友達へのご結婚祝い。
ブルーがお好きということで、前半は美しいグラデーションに。
上にいくに従って、甘い雰囲気のピンクに変わっていく可愛いらしい印象のサンキャッチャーです。

実は、私がほとんどお手伝いすることなく、皆さんが合作されたもの。
私は・・・ほぼ繋いだだけヽ(^。^)丿 ははははは


こちらは、Kさんが 『 満を持して 』 オーダーされた一品。


『 イメージは完璧に出来上がってます! 』 と気合い充分で制作に臨まれました。
ご自身で撮影された素敵な巨木の写真を持参してこられ、熱く語るKさん。

でも。。。 
まず選ばれたのは、涼やかな木漏れ陽とはほど遠い、深い森・樹海色のビーズ達 (;^_^)

こんな時。
そのギャップをどう修正しようかと、非常に頭を悩ませるところなのです。
お客様を傷つけず、自然な流れで良い方向に導くのは、どうしたらよいものか・・・。

でも、そんな悩みは一瞬にして吹き飛びました。

横からお二人が
『 それじゃないでしょ! 』
『 そんな色選んでたら変われないじゃん! 』
『 もっと明るく、可愛い色に挑戦しなきゃダメよ!! 』

ズバズバ指摘してくださって。      いやー。本当に助かりました~(= ̄∇ ̄=)


そうして、完成したのがこのサンキャッチャー。
すっごく清々しくて爽やか。  見ているけで心も身体も浄化してくれそう♪ 
なにより・・・・・美しい。       とっても素敵です!!

さぁ、最後はHさんの作品。
前回はヴァイオレットで優しくほっこり♪がご希望でした。
しかし、今回は!!!

正社員、しかも店長さんになられたということで
とにかく 『 気合とやる気をバリバリ注入したいです 』 ですって。
なるほど~ (^▽^) ☆ミ

そういうわけで、かなり個性的な色の組み合わせとなりました。

接客業の方には、文句なしにこの色! ターコイズ。
ブログによく書いていますが、喉のチャクラを象徴する淡いブルーは
『 コミュニケーション能力を高め、人間関係を円滑にする 』
というパワーがあるのです。

そこに気力を充実させる赤の力を大量投入(≧∇≦)/

目標達成(売り上げUP!)の青と社会的成功のオレンジをプラス。

最後に・・・恋愛運のピンクも入れときたいな♪ ってことで (^u^)

すっごく勢いを感じさせるサンキャッチャーの出来上がりです!!
もぉ~! 躍動感あるなぁ(´ー`)



最後はバタバタでしたが、3本ともなんとか仕上がって良かった!   


皆さんも気に入ってくださったでしょうか!?

いつものことですが、お話がとっても楽しいので時間のたつのを忘れてしまって・・・。

といいますか、仕事に取りかかるのが遅くなってすみません。
今後は気をつけますので、是非また遊びにいらしてくださいね~。  

楽しみにお待ちしています (=^_^=)

月に一度、けやき通りの料理教室に通っております。

 ☆⇒http://www.a-la-motoko.com/html/profile.html

こちらは、2~4名までの少人数クラス。
最近まで高校時代の同級生と二人きりだったので、
友人のKちゃんを誘ってみました(^.^)

三人いると、話も広がって楽しいねぇ♪ 


ハロウィン仕立てのテーブルコーディネイトが可愛い(=^_^=)

というわけで。
本日のメニューはこちらです!
<<  海老とバジルのハーモニー >>

<<  秋たけなわ ささみと茄子のハンバーグ >>



<<  パンプキンキャラメルソース  >>

海老とバジルって本当に良く合うよねぇとか、
このハンバーグ、さっぱりしててめちゃめちゃ美味しい!!とか
かぼちゃをオレンジジュースで煮るなんて面白~い☆
などと大騒ぎしながら美味しく頂きました(^▽^)

来月もまた楽しみです (´ー`)


金曜日。
とある場所に呼ばれて行きました。

カリフォルニア大学で血液学を研究していらっしゃるG先生が
日本に帰国中、こっそり診断してくださるというのです。

わずか一滴の血液で、食生活、今後かかる病気、性格まで
なんでもわかっちゃうとのこと・・・。
もうねー、なんだかワクワクです♪

特別に一番最後に診て頂いて、ゆっくりお話もでき本当にラッキー♪♪   だったのですが。

想像通りに私の身体は酷かった( ̄▽ ̄;)

本来、赤血球はまん丸のはずなのに、楕円だったりイガイガだったり。
楕円は婦人科が悪いということで、筋腫のあった名残りだろうとのこと。

すでに癌因子も存在していました。


モニターに映し出された血液(一万倍)を見ながら説明していただくのですが、
話の途中で赤血球がどんどん消滅しちゃうのです Σ( ̄ロ ̄lll) 

『 たんぱく質を摂ってないし、夜寝てないね!? 』

先生にズバリ指摘されました。

血液は夜11時から明け方4時の間にできるのだそうで、
私のように昼夜逆転していると脆くなっちゃうとのこと(;^-^;)

『 性格は完璧主義だし、こうあるべき!と決めつけてかかるところがあるねぇ。
  もっと楽に適当に生きなきゃだめだよ~ 』 

『 か弱そうに見えて、気力と身体が恐ろしく強い。 
            本当は男として生まれるべきだったんだね 』

そして。
今後の私の人生は・・・・・・・。

『 すでに心臓や目が弱ってる(当たり!)、このままいけば
  人工透析して腎臓癌になって最後はアルツハイマーかな(^.^)  』

笑顔で死刑宣告されちゃった ((( T_T)

とりあえず、玄米菜食はおあずけ。
良質のタンパク質を摂取し、夜10時半にはベッドに入ること!ですって。

透析もお花畑も嫌なので、頑張って生活習慣を改めたいと思います(ρ_;)

♪♪ 願うタイミング ♪♪

 ・基本的には、新月直後~48時間以内です。

  10/27(木) 04:58 ~ 10/29(土) 04:57

 ・強いパワーが働くのは新月直後~8時間以内です。

  10/27(木) 04:58 ~ 10/27(木) 12:57

 ・この48時間の間で、気をつけたほうが良い時間帯「ヴォイドタイム」は、

  10/28(金) 20:49 ~ 10/28(金) 23:48


<< 実現しやすい願いごとキーワード >>

 力づける、  変化、  危機管理能力、  自制心、
 セックスパートナー、  ソウルメイト、  財務協力、 権力闘争の回避    ・・・など。

<<  主な願い事カテゴリ  >>

 ・個人の力を強化するための願いごと
 ・変化・変容を促す願いごと
 ・危機下のストレスを緩和する願いごと
 ・自制心を促す願いごと
 ・絆を強める願いごと
 ・財務協力をスムーズにする願いごと
 ・権力の乱用を解き放つ願いごと

関連のある身体の部分・症状は、
 直腸、結腸、
 膀胱その他の排泄器官、
 月経前症候群と生理、
 性病、性器

 ※上記のキーワードにあまりこだわりすぎるよりも、 自分が望む願い事をしてください。
  叶い易いことではなく、叶えたいことを願ってくださいね!


<< 願い事の書き方  >>
  
☆たとえ1分前でも、「新月になる前」にはやらないでください。 新月の恩恵をうけられない、とされています。

☆必ず、手書きで2個以上10個以下の願い事をすること。

☆日付を書いて保管しておく。 捨てちゃだめ!専用のノートを用意しましょう。

☆大事なのは 主体はあくまで「自分」にすること。
 他人に関する願い事は効果がありません。  その場合はこのように書いてくださいね。

          ↓ ↓ 

〇〇の病気が治りますように  ⇒ 〇〇の病気を治す情報が私の元に集まりますように。
〇〇が私を好きになってくれますように  ⇒ 〇〇との間に、深い愛情の絆が育つ言葉をたくさん言えますように。

<< 例文 >>

☆秘密をきちんと守れる節操をもちたい (秘密)

☆相手も自分も力づけられるようなコミュニケーションができる私でありたい(心理学)

☆周りの人を良い意味でリードしていけるカリスマ性が身につきますように (カリスマ)

☆〇〇(子供時代のトラウマ、異性関係など)から引きずっている心のお荷物を捨てて、
                身軽になれますように (過去からの荷物をおろす)

☆うまくいかないことがあると、すぐに他者を非難する癖を改めて、
             自らをプラスのエネルギーで満たしたい (変化)

☆わざわざ危険な状況に飛び込んでいく、無謀な性格を変えられますように (危機)

☆危機に陥ってもパニックにならず、冷静な判断に基づいて行動できますように (危機)

☆幸福な未来に向かうために必要な変化に対応できる強さをわたしにお与えください (強靭さ)

☆〇〇が成功するまで決して諦めないという自分に課した公約を、
        ストレスを感じることなく持ち続けることができますように (自律)

☆パートナーとのセックスをもっと楽しめ、二人が深い絆で結ばれますように (セックス)

☆〇〇(名前)との関係が、日を追うごとに幸せな恋愛に発展し、
   お互いを縛ることなく、のびのびとしたパートナーシップを育めますように (絆)

☆ソウルメイトを私のもとに招き寄せ、幸福な関係を築けますように (ソウルメイト)

☆いい形で借金を清算していくために、着々と行動できるわたしになりたい (負債)

☆税金関連の申請や処理などを、面倒がって先送りする癖を治したい (税金)

☆嫉妬心がすべて消えますように (嫉妬)

☆厳しい自己批判、他者に対する酷評の類はすべて捨て去りたい (放棄)



 
参照元:

 [魂の願い]新月のソウルメイキング
 ジャン・スピラー (著), 東川 恭子 (翻訳)
 出版社: 徳間書店 (ISBN: 4198617643)


お知らせです ヽ(^。^)丿

私が大変お世話になっている武藤やよいさんの写真展が開催されます!

こ こ ろ あ ー と 展
期間  2011年11月3(木)~6(日)   11:00~18:00 (最終日は17:00)
会場  COPIN  福岡市中央区桜坂3-10-3 平田ビル3F

詳しくはこちらをご覧くださいね☆
☆⇒http://note841.petit.cc/banana/20111023195322.html


いつも素敵なサンキャッチャーの写真をたくさん撮ってくださる彼女ですが、
センスのある人は何を撮っても上手い(笑)
魅入られてしまうような作品が多数! 並びます。  皆さんにも、是非足を運んでいただきたいです。
  

私も、今からとても楽しみです (^v^)


お天気がいまいちな日は、写真撮影はお休み。


いつも、カメラマンの武藤女史には、あんなことやこんなことまで
お願いしちゃってます(▼∀▼)



今日は、ラッピング用紙のカットをしていただきました。
ふふふ。
これはお互いに苦手分野なの。
・・・・・できれば私も手を触れたくはないのです (= ̄∇ ̄=)


律儀な彼女、まずはチラシで練習されています(笑)
性格出てる!  真面目だわ~!   素敵♪ (^.^)



自分でやればいいじゃん! という声が聞こえてきそうですが
私は隣でせっせとサンキャッチャーを作ってるんだもんねー ( ・∇・) うふ

いつもよりグッタリ疲れてる武藤さんを労うため、
今日のおやつは無添加・スペシャル肉まんです ヽ(^。^)丿 わーい

そして♪  この素晴らしい器はといいますと☆

日曜日に一目ぼれして購入した 『 福田るい さん 』 の作品。

ただいま、薬院のBBBポッターズにて作品展が開催中!


            福田るい   陶 の 仕 事 展

期間  2011年10月18日(火)~30日(日)
     11:00~20:00 (最終日のみ19:00まで)

会場  BBB POTTERS 2F

作品同様、作家さんもとても素敵な方でした (=^_^=)


                             器が上品だと肉まんも高級に見えますわねー(^m^ )


そうそう。
ちょっと前の話になるのですが、10/14発行のフクオカ・ビィーキさんにちょこっと掲載されました。


9/10のサンカクヤさんでのイベント報告。
なんだか、遠い昔のことのよう・・・・。
やる前は憂鬱でしたが、いまとなっては良い思い出です(⌒▽⌒)

 ☆⇒http://bi-ki.jp/bikievent/2011/10/201110690.php


ビィーキさん☆
また、機会がありましたらどうぞよろしくお願いしま~す (^v^)


前世療法をやってから数日たちますが、まだ疲れが抜けません。
<  頭痛がするーーー。  後頭部いたーーーい。  >

脳のどこか、あんまり普段使わないところを、めいっぱいフル稼働させたせいかしら?


それにしても。
想像してたのと違う~!  もっと熱い何かを感じることができると思ってたのに。
胸の中に不完全燃焼の塊りがゴロンと転がっていてモヤモヤする・・・。

私がこうだといいなぁと期待しても、全然違う映像が見えてくる。

映画を見ているように、考える間もなくお話が進むのです。

その時々の自分の気持ちと一つになり、 追体験しているような感じです。

今回は5つ見ましたが、今世の自分と少しずつリンクしていて興味深かったです。

人に尽くすこと以外知らない魔女。
仕事も重要だけど、家族を大事にしなければ、ということを学んだエジプト神官。
何かに没頭することで、現実逃避を続けたオタク。
自分が恵まれてる自覚もなく、ボンヤリ過ごしたお姫様。

一番親近感を抱いたのは、殺人鬼の私。
わら人形作りは、とーってもリアルでした。   やりがいがあったし意外と楽しくて(笑)


今世と過去世で共通しているのは、
 『 愛を知らず友人少なく孤独な中、ただ淡々と生きている 』ってところ└(T_T;)┘

どこかの組織に属して、何かに熱中するという人生が出てこないなんてすごく変わってるよーー。
と、ヒーラーのNちゃんにも呆れられました。
そう。 
人と気持ちを分かち合うとか、達成感というものが、どこにもみあたらなかった・・・(⌒▽⌒;)

このメッセージから読み取れるのは
『  生き方を見直さないと過去世同様、味気ない寂しい人生になるよ。 』  ってことでしょうか。

もっともっと、深~いところで人と繋がらなければ。。。。。
難しいけど頑張ってみようと思います。
うーん。       でも、どうやって    Y(>_<、)Y!?



なんとなく弱っているので、ネイルは優しいピンクでほっこりと。



・・・・・どーん。
殺人マシーンのあまりの重たさに、二人してどんより。
ここまで衝撃的とは思ってなかったし~ (;>_<;) !!



前世療法に入って、すでに2時間以上。
かなり疲れてきましたが、あまりにも後味が悪くて。
今度は、幸せだった記憶を呼び戻すことにしたのです。


その5   <<   幸せなお姫様 ロザライン    >>


次の瞬間、私は天蓋付きのベッドの中で目覚めました。
私の名前はロザライン、もうすぐ16歳になります。

美しく上品な調度品に囲まれた広い部屋。
すぐにメイドが、朝食を運んで来ました。
熱い紅茶と焼き菓子が少し。
私のお気に入りの銀食器に載せられて☆ 
とくにティーポットの細工が気に入っています。

髪をとかされると、コルセットでギュウギュウにウエストを締め上げ、ドレスに着替えます。
焼き菓子をひとつだけ、ぽんと口の中に放り込みました。
今朝の食事はこれでおしまい。
なぜかというと・・・今、太るわけにはいかないから!

もうすぐ隣国の王子の元に、輿入れすることが決まっているのです。
その時には、最高に美しい私を見せなくちゃ♪
そのために、日々努力をかかしません。
贈られてきた肖像画の彼は25歳、白馬に跨った凛々しい男性でした。
そのハンサムな外見に一目ぼれ。
私は彼に出会う日を心待ちにしているのです。


お返しに、自分の肖像画も送ってあります。
お気に入りのピンクサテンのドレスを着ている全身を描いてもらいました。
正面からではなく、控えめに微笑む横顔です。
ドレスは、裾が長く背中から腰の下まで
豪華なレースが使ってあるので、とても華やかに見えます。
頬と唇の色をちょっとだけ明るめに修正させました。
完成した絵を気に入った私は、画家にもう一枚同じものを描かせました。
私がお嫁に行った後に、お父様とお母様が寂しくないように
プレゼントしようと思ったのです。

優しい父と母、10歳年下の可愛い弟。
生まれてからこのかた、辛かったり嫌な記憶はありません。
ただ、『 可愛く美しくあれ。 未来の旦那様に愛されることが使命 』
そう言われて育ちました。

結婚式はそれはそれは盛大でした。
王子は肖像画よりも若干顔が長いなぁという印象でしたが
優しい瞳は同じで、とても穏やかな人でした。
何より、ひと目見て私を気に入ってくれたのがわかったので
とても満足な気持ちになりました。

その国の王様は厳しく立派な方で、お妃様も口うるさい方ではありません。
みんなが気を使ってくれ、想像以上に居心地のよい新生活が始まりました。
夫はオットリしており、気弱で、私に気に入られようと一生懸命
心をくだいてくれています。
そんな彼が大好きになりました。

なかなか子宝に恵まれなかったのですが、22歳の時に双子の男女を授かりました。
夫に似た金髪の巻髪と青い瞳。 まさに天使のようです。
争い事もなく、平和で穏やかな日々。
家族揃ってテラスでお茶をいただきながら、
遠くまで広がる庭を眺めていると心から満ち足りた気持ちになりました。

人生で、初めて深い悲しみを感じたのは、祖国の父の訃報が届いた時でした。
時々は子供の顔を見せに里帰りをしていたのですが
ここ数年は滅多に帰ることもなく。
しかも、母も後を追うように亡くなってしまいました。
心の半分がえぐり取られたような空虚感に襲われ、
長い間寝込む日々が続いたのです。

子育ては、召使いがやってくれるし、夫は趣味の乗馬や狩りに夢中。
暇な私にできるのは、お茶会を開くことぐらい。
こじんまりしたものから盛大なものまで。
テーブルセッティングに趣向をこらしたり、
流行のお菓子を用意させたりするのは面白い仕事でした。
会を開いても、自分が話しの輪に加わるよりも
招待客が楽しげにしている姿を見ているのが好きでした。

中年になってはまったのはカードゲームです。
自分の中にこれほどの狡猾さや計算高さがあったのかと
驚くほど、頭脳ゲームが強かったのです。
興がのってくると、つけていたブローチを賭けたり
別荘を賭けて遊びました。
結局は、私が勝つまでやめないのですが(笑)

相変わらず私を愛してくれる優しい瞳の夫。
フサフサと豊かで美しかった頭髪もめっきり薄くなり
体型もすっかり変わっています。
そんな彼が、落馬して頭を打ったのです。
一晩昏睡状態になり、翌朝息をひきとってしまいました。

この世の終わりのような衝撃的な事件でした。
私は黒いドレスしか身につけず、日々泣き続けました。
子供や孫達が入れ替わりたちかわり様子を見に来てくれますが
全く慰めになりません。
私も一緒に死んでしまいたい。
そんな気持ちに囚われて、ぼんやりと過ごしているうちに
記憶もあやふやになり痴呆が始まってしまいました。

・・・・・・・・・・(;^-^;)

えっ!?  戸惑う私達。  
幸せな記憶がこの程度なの ??????

ちょっとビックリ。

あまりにもアッサリしすぎていませんか!?Σ( ̄□ ̄;

                           ・・・・・・・・・つづく



その4  <<    殺人マシーン    >>

期待していたのと違い、地味でつまらない過去ばかりでてくるなぁ・・・( ̄- ̄メ)
Nちゃんも私もちょっとテンションが下がってきました(笑)

そろそろインパクトの強いのが見たいよねぇ。


新しい鏡を覗くと、その先には井戸がありました。
井戸にはロープが下がっていて降りられるようです。




降りた先は、真っ暗闇の森の中。
巫女のような服装をした30前後の女が、血相を変えて走っています。

いつもなら、その先がどんどん見えるのに
全く映像が進みません。
Nちゃんが 『 じゃあ、その人の子供時代から見てみようか 』
そう言った瞬間に、目の前に3歳くらいの幼児が現れました。


薄汚れた着物をまとった子供が泣いています。
鬼のような継母が容赦なく殴ってきます。
ただ、お腹が空いたと訴えただけなのに。
その横では、継母の子供がニヤニヤ笑いながらお握りをほおばっていて。
2つ年上の男の子。 意地が悪い本当に嫌な奴。


次の画面は衝撃的でした。
河原で遊んでいたその子の後ろ姿を見て、ある衝動にかられました。
その瞬間、彼の頭を大きな石でめった打ちにしたのです。
今までの恨みをすべてぶつける様に。 何度も何度も。
あたりが血の海になりました。

遺体を引きずって河に投げ込むと、少し沈んだあとに
だんだん川下に流れていきました。
その時に感じた爽快感ときたら!

こんな奴、死んで当然なのです。  
私が空腹を紛らわすために、草を食べたり花の蜜を吸っていた時
奴はお腹一杯ご飯を食べていたのですから。


その子の遺体が発見されると、継母は半狂乱になって河に入っていきました。
泣き叫ぶ姿を見ていると、心の底から笑いがこみ上げてきて。
『 ざまあみろ!! ざまあみろ!!! 』
生まれて初めて大笑いしたのです。  それが10歳くらいでしょうか。
私は子供だったおかげで、何も怪しまれることはありませんでした。


12歳になると、商家の下働きとして奉公に出されました。
そこには口うるさい女中頭がいて、
愛想のない私はイジメの標的にされていました。
14歳のある日、いつものように嫌味を言われて怒りを感じ
井戸端で洗い物をしている彼女を、井戸に突き落として殺しました。
罪悪感や後悔など全くなく、清々しいような気持ちすらしています。
その時も疑われることはありませんでした。


17歳になるとお寺で働くことになりました。
住職とそのがめつい母親、下品な下働きの男。みんな嫌いでした。
人を悩みや苦しみから救い、有難い説法をしてくれるはずの
お坊さんが、あまりにも俗っぽくおカネに汚いことに幻滅し、
この世から消してしまうべきだと考えるようになりました。
そうして、どこからか毒薬を入手し、水に混ぜて飲ませたのです。
全員が事切れたのを確認し、今度は遠くの町へ逃げました。


知らない町にたどり着いた私は、飲み屋で知り合った男を
酔いつぶして財布を奪ったり、身体を売ったりして暮らしていました。
そんな生活をする中、世の中には
殺したいほどの恨みをもつ人が多いことに気がつきました。
そして、ふと閃いたのです。
『 自分の作るわら人形は、売れるに違いない。』 

呪いたい相手の髪の毛と爪を手に入れ、人形の中に仕込むのですが、
不思議なことに凄い効き目があったのです。
実際に、噂を聞きつけて買いにくる人が次々に現れました。



私は、森のそばにある荒れ果てた神社をねぐらにし、
巫女のような姿をして、人形を売りました。
丑の刻の頃、遠くからカンカンと打ち付ける音を聞きながら眠りつくのが好きでした。


そして。
最初の映像に戻ったのです。

夜の森を裸足で逃げる私。 
後ろからは刀を持った男が何か叫びながら追いかけてきます。
とうとう、背後から斜めに切り殺されてしまいました。

切られた瞬間に鼻でせせら笑って。
『 こんな死に方が、私には似合ってるさ 』 
切った相手に対する恨みも持たず、潔い最期でした。
あの世で、閻魔さまに喧嘩を売るつもりで死んでいきました。





                        ど  ー ー ー  ん  w( ̄Д ̄;)w!! 


今日のブログは個人的な記録用ですので、興味のない方はスルーしてくださいね☆

久しぶりに前世療法をやってみました。
前回は、『 恐怖の根源をさぐる旅 』 
 ☆⇒http://suncather.exblog.jp/9886977/

その時は、魔女裁判にかけられて拷問を受けたり、
継母に殺されたり、実母に虐待されたという辛~い過去を
バッチリ見せていただきました(=_=;)

しかし、フラッシュバックのように見えて(?)しまう恐怖の原因が、
どこからきていたのか理解したせいか、最近は殆ど悩まされなくなりました。

さて。
今日は、過去の職業について知りたいと思って。
現在の自分とかぶってるところはあるのかな? うふふ。興味津々~ (^▽^)

先生は、同じく友人のN・Hさん。
私の身近では、最強のヒーラーさんです。

死の床にいる患者さんを見送り、メッセージを伝え、
残された家族の精神的なフォローまでをしてくださる方。
とってもハードな仕事内容ですが、ご本人は明るく楽しく力強い女性。

まずは、2年ぶりの再会を喜び、近況報告ということで2時間お喋り(=^_^=)

まだまだ語りつくせないけれど、時間がなくなっちゃうのでとっととやりましょうか!

手順は、前と同じ。
ベッドに横になり、シンギングボールの音色を聴きながらリラックス。
Nちゃんの声に誘われながら過去の自分を覗きに行きます・・・・。

その1 <<   森に住む白い魔女   >>

目の前に浮かぶ階段を降りていくと、草原にたどり着きました。
腰掛けるのにちょうど良い切り株があり、そこを今回の休憩場所にすることに。

切り株のそばには森があります。
森の奥に入って行くと湖があり、その前にたくさんの種類の姿見が。

その中の一つに入ります。

石の階段を降りていく私は、14~15歳の少女です。
モスグリーン色の質素な、だけれど清潔なワンピースを着ています。
私の前を歩いているのは、白髪のお婆さん。

今は、薬草を煎じたり蜜蝋を使って薬を作っているところ。
お婆さんは、身寄りのない私を赤ん坊の時に引き取って育ててくれました。
彼女は人から魔女と呼ばれています。
そして、私はその後継者なのです。
すべての技術を私に伝授しようと色々教えてくれますが、
私には立派な魔女になれる自信がなく不安を感じています。

次のシーンは22~23歳の私。 
とても美しく成長しています。 背が高く栗色の長い髪。 肉感的な唇が魅力的です。
昔に比べて、だいぶ仕事を覚え、自信がついてきました。
師匠も満足げな様子です。
村人の相談事も、私が直接請けることが多くなってきました。

近くに住む同年代の若者が好意を示してきましたが、
あまり興味が持てません。  友人もいません。
育ての親との二人きりの生活が、穏やかで心地良いのです。
でも、時々、ふと寂しい気持ちに襲われます。
私の本当の親はどこにいるんだろう。 私はどうして捨てられたのだろうか?と。

暖炉に火を起こすような魔法が、少しだけ使えるようになりました。

30代後半の私。
年老いた師匠を看取っています。
不思議と悲しみはありません。 
なぜならいつでもそばにいてくれるのがわかるから。
寂しい気持ちよりも、これからは自分が村人の為に尽くすのだと
気持ちを引き締めました。

相変わらず友人はおらず、昔から好意を持ってくれている男性と
お茶を飲む程度。 でも、彼の愛を受け入れる気持ちはありません。
誰かを愛するという感情がよくわからないのです。

40代になり仕事はますます充実しています。
大勢の人に信頼され、尊敬されて満ち足りた気分です。
村人だけではなく、国の偉い人もお忍びでやってきます。
薬を調合したりマジナイをしたり、作物の出来を占ったりもします。
しかし、そろそろ自分の後継者を育てなければなりません。
以前から考えていたのは、自分と同じ身寄りのない5歳の少女。
近くの農家で育てられています。

その子は、利発で愛らしく、自分がこの道に進むのだと
最初からわかっているようでした。
二人の生活は楽しく、順調でした。
その子は私とは違い、10代になると恋をし結婚もしました。
しかし、信頼関係は変わらず師弟の絆も強かったのです。

60歳くらいでしょうか、湖のほとりで薬草を摘んでいた私は
胸が急に苦しくなり、大きな木の陰に座り込んでしまいました。
そのまま息を引き取ったのですが、
後継者を立派に成長させた達成感もあり、
また、その子が女の子を産んでいたことで
なんの未練もなく、幸せな気持ちでこの世を去りました。

その木の下に埋められ、石の墓標が立ちました。

その2 <<   エジプトのつまらない男   >>

森の魔女だった過去世を見た私達は、次の仕事を覗いてみることにしました。

休憩場所の切り株に戻り、また別の鏡の前に立ちます。

まずは、男性の足のアップが現れました。
宮殿の中。 石の床を裸足でペタペタと歩いています。
足首には装飾品がついているみたい。

突然、大広間が見えました。 大勢の人が忙しく働いています。
彼らに指示を出しています。
ここはエジプトの神殿で、私は位の高い神官のようです。
代々、神官の家系に生まれ育ちました。
正義感が強く、曲がったことが大嫌い。
ちょっとした不正も絶対に許せないタイプ。
国王の信頼も厚く、部下にも慕われています。
妻と二人の息子がいます。
しかし、家族のことには殆ど無関心です。 

 
なぜなら、自分には大切な使命があるから。
それは、国をより発展させ民を幸せにすること。
なによりも国王様がお喜びになることが大事なのです。

ボンボン育ちの為、世間では賄賂や不正に目をつぶることも必要なのだ
ということが全く理解できません。
悪いものは悪い。 厳罰に処するべきだ。
あまりにも堅い考えに影で反発する者も出始めました。

そんな中、以前から私を憎んでいた年上の神官が
私に濡れ衣を着せて追放しようとしました。
しかし、国王の判断により、
私がそのような不正をするはずがないということで無実になり
逆にその神官の仕組んだことだというのがバレ、
彼は処刑されてしまいました。

その頃になると、自分でも
『 私の考え方は厳しすぎて、他人には受け入れにくいのかもしれない』
そう思うようになってきました。 ただ、もう遅すぎました。

世代交代が始まり、王子が新国王になると
自分の居場所がなくなりました。
かといって、ないがしろにしてきた妻や息子も冷たいのです。
面白みのない人柄のため友人もおらず孤独です。

最近、右足の親指が赤紫色に腫れて、激痛が走るようになりました。
何を食べても美味しいと思えません。
そうこうするうちに病気で死んでしまいました。

私の葬儀は思いがけず盛大にしていただきました。
すでに用意していた大きな墓にミイラとして眠っています。
次に目覚めた時には、家族を大事にし、積極的に愛さなければと誓いました。

その3 <<   オタク貴族    >>

次に見えたのは、貴族の服装をした青年。
ヨーロッパの権威のある家系の長男なのですが、彼は家督を継ぎたいと思っていません。
それよりもやりたいことがあるのです。
からくり時計や、オルゴールなどの美しい細工ものを
見ていたり創ったりすることが一番楽しいのです。

いつも町の時計屋を屋敷に招き、作り方を学んでいます。
両親は激怒をとおりこして諦めたようです。

家は弟が継いで立派にやってくれています。

自分に何も誇れるところや自信がありません。
昔、好きだった女性に手作りのオルゴールをプレゼントしようとしましたが、
拒絶されてしまいました。
それ以来、一切女性とは縁がありません。
家の仕事も賢い次男が継いだほうが上手くいくはずだと
自分から身を引いた気持ちでいるのです。

くる日もくる日も部屋に閉じこもり、
制作に没頭しています。
口をきくのは、食事を運んでくるメイドとのみ。
もう、家族ともろくに顔を合わせていません。

気がつくと50代。
ぽっちゃりとした体型、目はつぶらで優しく
オドオドとした気の弱さが見え隠れしています。
薄暗い部屋には、誰に見せるでもない自分の作品が壁一面に
飾られています。
それを愛でる瞬間が、唯一の幸せな時。

彼は作業中に椅子に座ったまま心臓発作で亡くなりました。

                                       ・・・・・・ つづく

キラキラ。。。ギラギラ。。。。
きゃあ!!    眩しすぎる~☆(^u^)

今日は、あまりにも虹が綺麗だったので
ショップ用商品ではなく、ラムリムのイメージフォトを撮影していただくことにしました。


眩暈がするほど美しい。    光輝くサンキャッチャーたち。


3階だけでなく2階の部屋もこの通り!  
虹のアーチができています(^▽^)


ここをくぐるだけで・・・
なんだか、イイコトありそうでしょ♪(ノ*゜▽゜*)

隣の寝室はもちろん、階段下から玄関にかけても虹だらけ。

いつもは、同じデザインの色違い作品を並べた写真が多いのですが
『 色も形も長さもバラバラ  』 というのも面白いものですね。

みんな競って光ってる♪ (≧∇≦)/


さて。

こちらは、お客さまのHさん。
LamRim サンキャッチャーの為に動画を撮影したい!と
ビデオカメラを持参して遊びに来てくださったのです。


三脚まで用意して気合い充分。

本当にありがとうございます (^▽^)


なんて真剣な眼差し。。。。。



あぁ、キラキラ動画楽しみだわぁ~~~~ ヽ(^。^)丿
Hさん!   すっごく期待してますね(^.^) ふふふふふ


虹の舞い飛ぶ午後、皆が黙々とサンキャッチャーに向き合って。

良い仕事をした後は、美味しいお茶でリラックス。
三人もいると、お喋りもより弾みます☆


今日も、とっても楽しい一日を過ごすことができました。
武藤さん、Hさん、有難うございました~ (=^_^=)



毎月一度は遊びに(?)来てくれる家具デザイナーの稲垣さん。

 ☆⇒http://www.inagakidesignworks.com/index.html


うちに来るとブログに平気で写真を載せられるので
『 肖像権の侵害だー ( ̄▽ ̄;) 』 と おっしゃいます (笑)

いやー。 確かに、武藤さんの次に登場回数が多いかも。
ふふふ。 ゴメンね♪



今日も、お友達のご結婚祝いにサンキャッチャーをオーダーしてくださいました。

プレゼントをお渡しする女性はブルーがお好きということで、このような仕上がりに♪ (‘ー ‘ *)

クールなイメージの青ですが

新婚さん向けということで、全体的に柔らかい印象になるよう気をつけました。

ご夫婦ともハードなお仕事とうかがったので、

『 安らぎ 』 をテーマに制作。

淡いピンクやヴァイオレットを上部に配置し、
ストレスが、すうっと抜けて心が温かくなるような色あわせです。

                                      気に入ってくださるといいなぁ(´ー`)

さて。

来てくださったついでに・・・といってはなんですがヾ(´▽`;)ゝ



壊れた引き出しの取っ手の修理をお願いしま~す♪♪


約2年前に稲垣さんに創っていただいた 『 サンキャッチャー収納用の小引き出し 』。
 ☆⇒http://suncather.exblog.jp/11939255/


傷が入って売り物にならなくなったスワロボールを
持ち手にしたところ、本当に可愛くて!!!
私の大のお気に入りなのです (=^_^=)


すぐに直って良かったぁ♪♪   ありがとう~ ヽ(^。^)丿


これからも大事に使わせていただきますね!!



では。
近いうちにまた、『 箱の件 』 でお会いしましょう~ (▼∀▼) ふふふふふ




日曜日、夫と二人で西の海にドライブに行きました。


カフェでフレンチトーストをいただきながら和んでいると
横のテーブルから気になる会話が聞こえてきて。

50年配のうだつのあがらなそうな男性と、
頑張りすぎてイタイ感じの30代女子。

彼は売れない画家らしく、
今後、スピリチュアルをテーマに絵を描くことを画策しているのだとか。

30代から 『 精神世界ってなんですか? 』 と聞かれ
しどろもどろになる男。

ようは、 
『 訳はわかんないけど、いまの流行を取り入れて何とか金儲けしたいんだよね~ 』
ってことらしく( ・∇・)


最近、サンキャッチャーも急に注目を浴びてきて
凄い勢いでお店が増えてきました。
露骨にラムリムの真似をしている方も大勢いらっしゃって、驚いたり悲しくなったり。

とあるショップでは、商品デザインはもちろん、商品のネーミングまで
そっくりだったりします!Σ(▼□▼メ)

そして、価格はうちよりかなりお安め♪

もし、自信があるのなら、
もっと堂々とした値段をつけたらいいじゃん!と思うのですが。

そっくりに作っておいて安く売るなんて
自分から 『 うちのはバッタもんなんですよ ヾ(´▽`;)ゝ えへへ 』  と
公表しているようなもの。

全くもって恥しらずだな~と呆れてしまいます。

        オリジナリティが出せないなら作るべきではない。

そう私は考えているのですが、
お金儲けの手段として制作する人のほうが世の中には多いのかもしれません。

昔は、理不尽な出来事が起こるたび
『 末代までも祟ってくれるわっ(~_ーメ)  』 と怒りの炎を
いつまでもメラメラ燃やし続けたものでした。

怒りは私の原動力だったのです。

しかし。

最近、その衝動が湧かなくて。

ムッカーー 許せんっ (▼皿▼メ)  と、怒っても一晩寝たらどうでもよくなる・・・。

アイデアを盗まれても、失礼な振る舞いをされても
『 そういう人っているもんねぇ。言っても変わらないだろうしねぇ。可哀相な人。 』

そう、淡々としちゃうのです。

『 真似するより、真似されるほうがマシ 』 そう、しみじみ思います。

そんな自分の変化に驚く今日この頃。

精神的に成長している証なのか、ただ歳をとって丸くなっただけなのか。

なんとも、気になるところです(;>_<;)



今日のお客さまは仲良しのお二人♪ WさんとYさん。


8月にフクオカ・ビィーキを読んでオーダーされたWさんが
お友達と一緒に遊びに来てくださいました (=^_^=)



あれ??
なんだか雰囲気が違うような~?
前回お会いした時に比べて、より明るく可愛らしい印象に。


あっ、前髪を切られたんですね! よくお似合いです (^v^)
 ☆⇒http://suncatcher-lamrim.com/?p=4870


本当に仲の良いお二人。
制作中もお喋りと笑顔が絶えません。
なんだか、懐かしの女子高ノリで♪♪
そばにいる私もつられて笑いっぱなしです。

学生時代からのお付き合いかと思いきや、最近知り合われたのだとか。
へぇぇ。  大人になってからできるお友達も、いいものですよねぇ(´ー`)

Yさんのリクエストは赤!


叶えたい望みはいっぱいあるし!
好きな色は全部入れたいな (≧∇≦)/

そんなご要望にお応えして☆
深いルビー色に負けないように、インパクトのある配色で
攻めてみました( ・∇・)


色をめいいっぱい使ったのに、まとまっていて可愛い!
個性的でとっても素敵なサンキャッチャーが完成しました。


一昨日も同じ赤いチェーンで制作しましたが、シックで大人の香り漂うサンキャッチャー。
全く違うタイプです。

お客さまの個性によって、ここまでイメージの異なるものができるなんて。
『 オーダーって、本当に面白いなぁ 』 と思います (‘ー ‘ *)


ちょっとお疲れ気味のYさんでしたが、帰りはニコニコ元気になられて。
サンキャッチャー、気に入っていただけて嬉しかったです。


Wさん、Yさん、
また、いつでも遊びにいらしてくださいね。
楽しみにお待ちしております (=^_^=)


今日のお客様は、日本画家の稲員頼子先生です。
稲員先生といえば、そう!
私の絵を描いてくださった方 (=^_^=)

   ☆⇒http://suncather.exblog.jp/13454089/

この絵は、和室に大事に大事に飾ってあります☆
もちろん、我が家の家宝ですヽ(^。^)丿

いつお会いしても上品で美しく、しかも艶っぽい。
私の理想。  憧れの女性です。

今までにもたくさんご購入くださっているのですが、
今回は、お母様のために真っ赤なサンキャッチャーをオーダーされました。


明るく華やかな色がお好きということで、
仕入れたばかりのゴールドやピンクオーロラを使って♪
ホンワカもいいですが、甘いばかりではつまらないのでロイヤルブルーのビーズできりりと引き締め(^v^)

スパイスの効いた組み合わせです。


撮影したのが5時頃で、少し光が弱かったのですが
それでもこんなにキラキラ♪♪♪

赤をメインに七色の虹が舞っております (*’‐’*)


こちらは、二人のお孫さんのためのサンキャッチャー。


窓辺に吊るすよりも、陽にかざして遊ぶのが目的です。

ちょっと短めにして、小さな子が持ちやすいように
大きめリングをつけています。


赤が好きなお兄ちゃんと、緑が好きな弟くん。
喜んでくれるといいなぁ (´ー`)




それにしても。
今日は本当に心臓が止まりそうになりました・・・・・。



14時にお約束していたのに。
目覚めたのは 13時40分!!!!

  ひぃぃぃぃぃイイイイイイイイ    (○∇○)



泣きべそをかきながら、
慌てて先生に電話をして、30分ほど時間をずらしていただいたのです。


・・・・こんなことって初めて。
二つセットしていた目覚ましにも全く気がつかず
死んだように眠っていたみたい。

20分以上鳴り続けたはずなのになぁ(T.T)


ちょっと疲れが溜まってきたのでしょうか。
自分自身のメンテナンス、ちゃんとしなくちゃまずいかも (=_=;)


           先生、 本当に申し訳ございませんでした~ (ToT)




今日は、うっとりするほど気持ちの良いお天気で♪

家中の窓を開け放ち、清々しい空気を胸いっぱい吸い込みました。
外からは、金木犀の香り。
あーー。  なんて幸せなんだろう (* ̄∇ ̄*)


しかし。
私よりもはるかに幸せそうなこの方達。


洗濯機の上に置いた猫ベッドでまどろむ二匹。



我が家の物干しスペースは2階の南側。
最も陽の当たる、猫にとっては最高のお昼寝場所。



それにしても。
甘えん坊の小鉄も、杏といる時は男前な表情♪ 
凛々しい横顔を見ていると、ほほえましくてニヤニヤしちゃう(^.^)



体格は殆ど同じなのに、いつも杏を労わって。
何かあると自分が盾になって必死に守ろうとするのです。 ←人間の子供に襲われた時など(笑)


イイ男だな~。  もし、人間だったらモテモテよ! 小鉄君(^v^)


さて。
私の幸せの瞬間。。。  それは、新しいビーズを仕入れた時♪♪

問屋さんでスワロフスキーの新色を見つけると、すっごく興奮してしまうのです (≧∇≦)/
昨日は、アトリエにビーズが続々と届き、わくわくしっぱなしでした。

ゴールデンチークにトパーズがブレンドされたもの、
ゴールド、ピンクにオーロラ加工されたもの、
とっても新鮮な濃紺などなど。  他にもいっぱい仕入れています。


うーん。 創作意欲が湧いてくるわぁ!

でも。
ちょっと悲しい出来事もありました。
私が大好きだった、ピンクゴールド。
限定色だったらしく、もう手に入らないのだとか。

うわーーーーーーん。  買占めとけばよかったぁぁぁぁぁ ( iдi )


先日、お知らせしていた 『 らせんタイプ 』 サンキャッチャーが
ラムリム・オンラインショップに入荷しました♪



オレンジ・黄色・ピンク・グリーン・青・紫の 計6本!
今回は、儚げなピンクと元気いっぱい明るいオレンジが私のお気に入り。


よろしければ、ショップも覗いてみてくださいね☆
サンキャッチャーのキラキラ写真を見るだけでも、晴々とした気持ちになりますよ~ (^▽^)


 ☆⇒http://suncatcher.ocnk.net/

土曜日のお客さまは、ももち浜ストアをご覧になって
すぐにご予約を入れてくださった E様 です。
しかも、ご夫婦でお越しくださいました。

男性がアトリエにいらっしゃることは珍しいので、ちょっぴり緊張(^_^;
しかも。 こんなにダンディーなご主人様なら尚更です!

福岡にも、お二人のようにスマートで素敵な雰囲気の方って
いらっしゃるのね~♪ と、ドキドキでした。



いろいろとご相談した結果、
奥様用とご主人様用にそれぞれ制作することになりました。


こちらは、奥様のお選びになったゴールド。
大きな40ミリのボールタイプです。

健康運と金運と♪♪  家庭運のオレンジをきかせて☆


『  今の幸せが永遠に続きますように (=^_^=)   』 


ご主人様のサンキャッチャーは目的がハッキリわかりやすい
いかにも 『 できる男性 』 という色の組み合わせ(^▽^)



目標達成の青がメイン。
会社をいま以上に大きく発展させていくぞ!という
意気込みがビシビシと伝わってきます。


オレンジは社会的成功を意味し、紫は物事を好転させるという意味があります。
一か八かの勝負運をアップさせるのも紫の色。



アトリエには、たくさんお客様がおみえになります。
かなり重たいどんよりした気を落としていく方が多い中(笑)、
お二人がお帰りになった我が家にはラブラブな波動が満ちていて。
私まで幸せのおすそ分けを頂きました。



まるで、美しいお姫様と勇敢なナイトのようなE様ご夫妻でした(´ー`)  羨ましい~♪


お土産に頂いた大きな梨。
夫と美味しくいただきました!  有難うございますヽ(^。^)丿



さて、E様をお見送りした私は急いで大手門へ。
毎度お馴染み アンビエンテにGO ( ・∇・)


 ☆⇒http://www.style-spec.co.jp/top.html



あんまり頻繁にラッピングをお願いするのも気が引ける・・・
しかし、笑顔で迎えてくれる優しいMちゃんなのでした。


ほっんとにすみません・・・(;^-^;)



彼女の魔法の手にかかれば、あっという間に
美しいラッピングができあがるのです。

ちょいちょいと簡単そうにやってくれるのが憎らしい(¬ー¬) 


今回は、 
『 私でもできそうな簡単で可愛いものを是非 ♪ 』 と
リクエストして。

紙を2色使いにし、オーガンジーの布をざっくりと
結んだアートな作品に仕上がりました。



これって、簡単そうに見えて難易度高いんでは???
そう思いつつ、有難く受け取って帰りました。


とりあえず、教えていただいたとおりにやってみよう♪

まずは、美しい薄紙を2色分入手せねば。
そして、10cm幅でカットするところから始めてみるつもりです。



LamRimのラッピング道、はたしてどうなることやら(^_^;


今日は友人とまったりランチ。



三人の子供を育てる彼女は、PTAなどで忙しく
最近はゆっくり話す時間もなくて。

たまに会うと、お互いの近況報告だけですぐに時間が過ぎてしまいます。
私の周りは、30代後半や40代で出産した友達が意外に多くて
みんなまだまだ大忙しのもよう・・・。


来年、一番下の子が小学生になったら、少しは時間に余裕ができるかなぁ?



室見駅のそばの バビロン。
夜にはちょこちょこ行きますが、ランチをいただくのは初めて。



そば粉のガレット、 ボリュームたっぷりで美味しかった~(=^_^=)



食事の後は、彼女のお宅でお茶を飲みながらお喋りの続き。



おおぉ。  なんという絶景!
この前遊びに来た時は、天気が悪くて何も見えなかったけれど
今日は本当に綺麗 ( ・∇・)

すっごく遠くの景色までくっきり。

能古島の先まで見えるなんて♪


東側の景色もすごい。
シーホークや、フクオカタワーと同じ目線なんて不思議な気分(笑)

でも。
高所恐怖症の私は、ベランダに出るのが怖くて怖くて。
足がすくんで、端まで行くことができませんでしたY(>_<、)Y


常に、福岡の街を一望できるなんて素敵ねぇ。

あっ、 そうそう。
今度は夜景を見に来なきゃ!! 三脚立てて、写真撮りた~い ♪ 



そして。
一番光の入る窓には、ラムリムのサンキャッチャー達。


ここのお家には、4~5年前に作ったものが多くて。
昔のデザインですが、すっかり本人は忘れているので、めちゃめちゃ新鮮。

ちょっと前の自分の作品から、新しいヒントをもらったりして( ・∇・)

ふわふわと雲の上で楽しいお散歩をしてきたような感覚でしたが、
地上に降りた瞬間に、すごく身体が緊張していたのがわかって。

『 やっぱり、高いところって怖いー(T.T) 』



高層マンションは住むよりも、
時々遊びに行くほうが私には向いているようです(^.^;




2ヶ月前に掲載されたフクオカ・ビィーキの効果を一番感じるのは、
『 男性からのご注文が増えたこと! 』 でしょうか。


しかも、ほとんどの方がギフトボックス入りをご希望。
ということは♪♪♪


みなさん、彼女や奥様へのプレゼントとしてご購入くださっているんですよね~ (≧∇≦)/


可愛いラッピングは、贈られた人はもちろん
贈った側も幸せ気分になりますよね ☆ミ

というわけで・・・
またしてもアンビエンテのMちゃんのもとに駆け込みました ( ̄▽ ̄;)


きゃああああああ。
今回も、キュートさ大爆発のお洒落ラッピング!
ポーズをとってくれた彼女も負けずに愛らしい笑顔です(^v^)


しかし。  こんなアーティスティックな包装、真似しようがない・・・・・


毎回、毎回、 誰かに頼るにも限界があります。
みんな快くお手伝いしてくれるのですが、
本当に心苦しいというか。

早く自分でできるようにならなくちゃ! 気持ちは焦るばかり。
でも、ラッピングの苦手意識がどうしても拭えなくて。
講習会にも行ったけど、全然進歩しなかったしなぁ (ρ_;)


一刻も早く、なんとか自力で!!


切羽詰った私は、思いきってMちゃんにラムリム商品のラッピングの
 『 トータル プロデュース 』 をお願いすることにしたのです!




来月から、ラムリムの包装が変わります。
みなさん、どうぞお楽しみに ヽ(^。^)丿



今日のお客さまは7月に続いて2回目のご来店♪ Cさんです(^v^)

前回は、お友達へのプレゼント用とご自分用の2本をオーダーされました。


さて、今回は??



ご自宅に飾ったところ、ご両親がたいそう気に入ってくださったそうで。
なんと! 
一気に3本もご注文いただきました(=^_^=)


リビング用には、なんともゴージャスなゴールドの40ミリボールを使用ヽ(^。^)丿


ご家族みんなが幸せに仲良く暮らせますようにと
家庭運アップのオレンジ、幸福の象徴であり金運も期待できる黄色を
バランスよく配置して。

シックなリビングに似合う、大人なサンキャッチャーです。



こちらは、お父様の会社用。
仕事運があがりますように!と願いを込めて♪

メインは、40ミリのオクタゴン。
しかし・・・これはいつものクリアではなく非常に特別なもの。
限定発売された 『 オーロラ加工タイプ 』 なのです(^▽^)

もう二度と手に入らない貴重な一品。
ラムリムでも、数個ほど入手していたのですよ(▼∀▼) ふふふふふ



オクタゴンは、虹が遠くまで飛ぶのですが、オーロラならなおのこと。
天気が良い日は、
虹に包まれてお仕事をすることになっちゃいますねぇ(^_^;


Cさんの2本目サンキャッチャー♪
ターコイズに続いて、選ばれたのはヴァイオレット。
( ちなみに、この色もショップには出していないレアものです☆ )


1本目もとっても可愛くて、
彼女の乙女な内面がコンニチハ♪ という感じだったのですが、
これもなかなか負けていません。
うーん。 私には出せないキュートさヾ(´▽`;)ゝ  

 ☆⇒http://suncatcher-lamrim.com/?p=4295

二本並べて飾ると、たまりませんね~ 。 きっと(^.^)


『 うわー。 大きいし、重~い 』 

そうなんです。  40ミリはかなりの重量があって、持つとズッシリ。 
さすが、スワロフスキーは違いますよ~ (⌒▽⌒)


今日はあいにくの雨模様でしたが、かえって落ち着いた雰囲気の中で
楽しくお喋りしながら素敵なサンキャッチャーを作ることができました。。


明日からは、またお天気が回復するそう。
早速、3本が良い仕事をしてくれるはず!

うーん。 私もどんな虹が出るのか気になるなぁ(≧∇≦)/


まだ胃がもたれてるねー(^_^;
そんな会話を交わしつつ、今日もお仕事。


オクタゴンのチェーンの次は、 らせんを6本補充予定。
ただいま、写真撮影中です♪


今回、この中で私のお気に入りは ピンクのこの子!


今までなら選ばなかったラブリーな色あわせ。
私の中に、こんな可愛い要素はないはずなのに( ・∇・)
最近、お客さまに影響されて甘い雰囲気が気になるようになってきました。


もう、 めちゃめちゃ愛らしいんですよぉ (* ̄∇ ̄*)


今日のおやつは、金沢土産。

『 甘エビの素干し 』 です!!


本当は、甘いものよりも酒の肴になるような、乾きものが好きな私達(▼∀▼)
これは、非常にツボにはまる一品でした☆



もっと、いっぱい買ってくれば良かったなぁ。


らせんの次は、 『 こいもむし 』。
こちらの制作も着々と進んでいます♪


たっぷり遊んでリフレッシュした分、よい仕事ができそうです(=^_^=)